海外wifiはGlocalme一択!これさえあれば海外の周遊は完璧です

Sponsored Links

こんにちは、あらぶ(@showk999_HNDBKK)です

海外を周遊する上で、海外wifiがあると非常に便利なのですが、割とハードに各国を回るような使い方をしている人はGlocalmeが一番おすすめです

海外simを今では安く購入できますが、事前に日本で買っておくにしても一回の渡航で3カ国以上回るケースだと、どのsimがどの国だかわからなくなったり、

現地で思いつき、ふらっと行ってみよう!となった時に手配が面倒だったりします。

そんな煩わしさを解消できるのがGlocalmeです。

Sponsored Links

Glocalmeは世界100カ国以上対応のクラウドsimルーター

香港企業により発売された、クラウドsimを内蔵しており、世界中でsim交換不要で使えるルーターです。

simがクラウド上にあるため、現地で起動するだけで、通信事業者の切り替えからsim設定までほんの30秒~90秒ほどで完了します。

例えば、その国に着陸した瞬間に起動すれば、飛行機を降りる前に現地simを拾っているので、速やかに空港情報を調べたりできます。

世界中の空港は無料wifiがあるところがほとんどですが、機内にいるうちに「出国書類の書き方を調べておきたい」「乗り継ぎの際の行き先」を調べておきたいことは結構あるからです。

対応国は世界100カ国以上と、ほとんど主要な都市をカバーできているので、実用性にはなんの問題もありません。

GlocalmeG3の初期設定は慣れてないと一瞬戸惑うかも

初期設定は非常にカンタンです。(あらぶの画面は英語設定にしてありますが、日本語で操作できます)

初期設定の流れ
  1. アプリをiphone or androidにインストール
  2. アプリでGlocalmeアカウントを作成
  3. 本体のペアリング用のバーコードを読み込み連携
  4. 以降は基本的にアプリから操作

若干慣れてないと一瞬手間取りますが、こんなイメージで割と簡単に設定が完了できます。

Sponsored Links

データパッケージの購入&アクティベート

決済は日本人でしたら基本的にpaypal経由になるかと思います。

データを購入する際に、「チャージ」と「パッケージ」が選択できますが、使って行くうちにほぼほぼ「パッケージでの購入」になるかと思われます。

Glocalmeはエリアごとに「データパッケージ」を購入し、アクティベートし使用するイメージです。またデータパッケージも様々な選択が可能で、

例えばヨーロッパに8日間(イタリア3日、ドイツ3日、スペイン2日)旅行に行き、トータル10GBくらい欲しいな、という場合

データパッケージの選択肢
  • ヨーロッパ12GB→USD90.00を買う
  • イタリア3GB→USD22.50
  • ドイツ3GB→USD22.50
  • スペインは日数ないし1GBで→USD9.00 合計USD54.00

というような選択も可能です

500MBを超えると低速に制限される最安の1Dayパッケージであれば4~5ドルくらいで購入ができるので、エリアによって使い分けることが可能です。

チャージした過去料金履歴をアプリorPCから見ることも可能

課金履歴、どこでいくら使ったかを後で振り返って見れるのもメリットの一つです。あらぶは結構細かくパッケージ購入しまくっていますが、

後で帰国してからまとめて確認して集計することもできるので、大変便利です。

一見高そうに見えるがトータルコスパは抜群

これらパッケージ料金の他に本体代が約26,000円かかってきますが、基本的に買い切りですので、他の商品と比べ、圧倒的に安くつきます。

ソフトバンク「海外パケットし放題」

1日定額1,980~2,980円→ほぼ間違いなく2,980円払うことになるので、8日間だと23,840円

似た名前のGlocalnetグローカルネット

Glocalmeを仕入れてきて、日本人向けにわざわざ月額制にしてあげた情弱向け商品

借りる・返却が手間なGlobalwifi

一見安く書いてあるが、見積もりを入れてみると速やかにいいお値段に。あと受け取り返却がクソめんどい

これらサービスは、設定が面倒・英語だと怖いを解決する代わりに、結果高くついてしまうため、あらぶには全く使用する意味はわかりませんが、あくまで日本事業者は情弱から金を取るための料金体系になっています。

Sponsored Links

本体はデカイし邪魔臭いGlocalmeその他の活用

iphoneXSとのサイズ感比較

ここまでGlocalmeをオススメしてきましたが、本体はゴツくてデカイので南国などで、「軽装で夜近所に食事しに行く」みたいな時にはカナリ邪魔です。

しかしながら、一応その他の活用方もあり

モバイルバッテリーとして使える

本体容量が5,350mAhと比較的大容量です(iphoneXSは2,658mAh)

下部のUSBポートから電源をとり意外と早くチャージができるので、モバイルバッテリーとしての使用も可能です。

物理simが差し込めるので、海外通信補助に

その他物理simスロットが付いているので、ひとまず現地simで試して見たけど通信が安定しない。。なんて場合にクラウドsim切り替えをするなどいろんな使い方が可能です。

とにかくオフラインだと不安でしょうがないあらぶは万全の体制で望んでいます。

日本で格安データsimを差し込んでポケットwifiに

日本では格安simを差し込んでポケットwifiにもできます。

ワイモバなんかの格安simで通信をしていて、プランMの上限9GB超えちゃったなんて時では「500MB→500円」と法外な料金を取られますが、

楽天モバイルなんかのsimを挿しておけば月末は安心。

唯一のデメリットは「SMSが使えない」

現地で「タクシー呼ぼう!」しかしこの画面で詰む

これは結構なデメリットで、データ通信はできるけどsmsが飛ばせません

すると、現地で必要になったアプリ(例えば現地国対応タクシーアプリなど、)をインストールして起動する際に、電話番号でアクティベートするケースがありますが、ここがネックで登録完了できないケースがあります。

いつかはsmsローミング含めクラウド化してもらいたいですが、今の所グローカルミーを使っていてデメリットと感じるのはここだけです。

購入時点でGlobal 1GB 365日期限が無料でついてきますので (USD36.00相当)モバイルバッテリー+ルーターとして考えても十分安いかと思うので間違いなしです^^

Sponsored Links
あらぶ
よろしければクリックお願いします🥺
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です