トラベラー投資家の「あらぶ」と申します

Sponsored Links

みなさん、初めまして、あらぶと申します。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

10こ下の彼女から「アラブ」といじられるようになってきたので、ちょうどいいので採用しました。ちなみにバンコクでタイ人女性にもよく「アラブか?」と間違われますが日本人です

かなり長くなってしまいましたが、お読みいただけると嬉しいです^^

Sponsored Links

あらぶの生まれた環境

1984年生まれで東京出身です。血液O型・動物占いは羊です

小さい頃から目立ちたがりとは正反対の性格で、基本的には斜に構えた子供でした。あまり大勢で行動する経験もなく、外側から見ると「引っ込み思案」な性格に見えているかと思います。

実家は当時はかなり裕福でした。

祖父がほぼ一代で気づきあげた家族企業で、東京都都心区にビルを2つ持ち、毎年のように父は外車のフラッグシップ車両を乗り換えていたと記憶しています。

近所のパレスホテル(建て替え前)のフレンチが祖父は好きで、家族で毎週のように食事をしに行ったり、自宅に日本舞踊の舞台稽古ができる部屋があり、日舞の先生を毎週お呼びして稽古をつけてもらっているほどした。

この実家はバブルを経て本業は崩壊して行き、2代の相続を経て資産は全て国にリバランスされていくことになります。

しかしながら色々なビジネス経験を幼少期からさせてもらえたことによって今の自分があると思っています。

あらぶの商売の始まりはチケット転売

あらぶ自身は小学生の頃から当時は40万円ほどもしたパソコンを買い与えてもらい、何不自由ない生活でした。

中学に入ると、新しもの好きな父からヤフオクの使い方を教えてもらい、巨人戦のチケット転売をしたらいいんじゃないか?と稼ぐ方法を教わりました。

当時の巨人戦のチケットは定価の約3倍がオークション相場になっており、東京ドームでの一般チケット販売には約3000人が訪れ、全て抽選になってしまうのですが、

スポーツブランドミズノの本社に実は一部割り当てがあり、こちらは300人程度しか並ばない上に、先頭から順に整理券をもらえるため、自宅から歩いて5分距離のため非常に有利でした。

獲得したチケットがバンバンヤフオクで売れていく、入札価格がせり上がっていく興奮を当時感じた記憶があります。

この年は約60万円を売り上げ40万程度の粗利がありました。

ちょうどその頃欲しかったオメガのシーマスターが並行店で20万くらいだったと思うのですが、それが欲しいと親に言ったところ「全然いいじゃない」と言ってもらえ喜んで買いに行った。これが最初のビジネスの成功でした。

その後高校に入ると祖母から200万円もらい株を買った

高校生になると祖母から株の種銭をもらい、実際に株式投資を始めることになりました。引き換えの条件としては「毎日日経新聞を読むこと」でしたが、当時は色々新しい知識が得られるので楽しんで勉強していた記憶があります。

反面高校の授業の記憶はほとんどありませんが。。。

NTTデータなどの当時は大型株で+100-100万を行ったり来たりしていた感じです。株でうまくいくようになったのは大学に入ってからでした。

大学に入ると暇すぎてひたすらデイトレード

中学からの一貫校だったため、特に受験の情熱も何もないあらぶはそのまま内部推薦で進学をしました。

大学に入ってもやりたいことも特にないため、ひたすらデイトレードをしていました。当時は2005年の日本株ミニバブルに乗っかり、祖母からもらった種銭200万は10ヶ月ほどで4000万ほどに膨れ上がり、ロレックスも購入しかなり調子に乗っていました。

卒業後も自分は金融トレーダーになる。

うちは一家でガツガツ働いている感じは全くなかったので、父親も実家のビルの下のフロアで働き、昼飯の時間になるとたまに近所に食事に行ったり、店自体も祖父が18時には夕飯を食べたいタイプだったのでその時間には店を占めていました。

子供目には全くもって深夜まで残業しているサラリーマンの生活が想像できませんでした。

そのためトレードで稼げるのであれば特に働きたくはないな、くらいな感じでいました。

しかしながら翌年ライブドアショックが起き、続いてマネックスによる「二階建て信用取引の担保掛け目を0にするという強制追証攻撃」により新興市場が全暴落し、連日ストップ安をつけるようになると、

初日は-600万
翌日は-1200万
翌々日は-1800万

と売れないままマイナスが増えていく画面を呆然と眺め、全て決着が着いた時にはほとんど資金は残っていませんでした。

なんとなく日系金融に就職したあらぶ

トレードでの厳しさもわかりつつも、特にやりたいこともないあらぶは「しばらく一般企業に勤めてから実家に戻るのかな」などと呑気に思いつつ、大学4年の4月になってから就職活動をはじめました。

同級生連中がみんな金融系志望だったため、「じゃあ銀行でも受けるかな」と思い応募しようとしたところ3月には募集が全て終了しておりました。

証券に行くと、自分で株をいじれなくなるのは嫌だなと思ったため、生きて行く上で必ず絡んでくるし、「じゃあ保険でいいかな」ってくらいで決めました。

3社しか面接を受けずに2社から内定をもらい日系の大手生保に就職しました。就職活動期間はわずか1週間でした。

就職後の懇親会での上司の一言がその後の会社人生を全て決めてしまいました。

「君らは選ばれたんだ」

「普通のサラリーマンは生涯で2億しか稼げないが、君たちは4億だ!!」

この一言で本当に全てのやる気がなくなりました。定年まで順調に出世を続けながらそこそこ頑張った上でたったの4億で人生が終わるのか。。。

世間で成功とされている年収1000万はどんなものかは興味がありました。しかしながら1000万行ったところで所詮フェラーリにも乗ることもできず、

実家の親の生活レベルに届くことも間違いなく不可能です。

それにより考え方を改め、会社では座って怒られて何もしなければ小遣いがもらえる。(=労力0に対して最大のコスパを発揮できる)3年間成績は下から10番くらい。実績無視の大手にぶら下がるリーマン生活を始めることになります。

3年ほどだらだらダメリーマンをやっていたところ激アツ上司が登場

実績も悪かったあらぶは半分本社に意図されいるかのごとく、超絶パワハラで有名な上司の元に送り込まれました。

ここから1年間激アツな会社生活が始まりました。

上司は過去在籍していた行く先々の支社で部下の不審死を3例ほど出している曰く付きで、その采配は大手4生保他社にまで名が轟いている人物でした。

あらぶも赴任早々速やかに呼び出されてからは、「毎日1時間ごとに報告の電話を入れろ」「時間構わず今すぐこいとの緊急呼び出し」をくらいながら速やかに精神が壊れて行きました。

同時期に赴任していた教育担当の入社10年目の役付は失踪し、マーケット担当の中年課長はとある週末に「昔からの持病が悪化して亡くなった」ということになっていました。これらは1年の間に全て起きました

あらぶは相変わらず呼び出された上司の部屋で毎度4時間ほど「実績の振り返り」を行わされ、発言の一言一句を副社長がビデオで録画していました。

「お前はどうせ平凡な実績のままで会社に居続けるくらいなら、死んでるようなもんだろ」「なら今俺が殺す」

これが上場大手企業に務める管理職からの発言でした。

電通問題が起きる前での業務改善が起きる前の最後の野放しの頃です。

かなり精神状態が不安定になり躁鬱に近い状態になったところで、上司のパワハラを告発して会社をやめよう、と決めた時に

「会社がどうなってもいいから虚偽説明でもなんでもして契約取りまくってやろう」

という気持ちになり、そこから事態が変わって行きました。

契約取れないで殺されるくらいならなんでもやってやる

こう決めたあらぶは翌日、片っ端からクライアントにテレアポをし、ゴリゴリ契約を取りに向かいました。

死ぬ気になればできるもんです。今日は一旦引いておく、という選択肢は引く=退職するつもりなのでありません。その日その日で初回一発クロージングだけが会社にいる上での選択でした。

するとなぜだか面白いように成約してきます。

この時期は狂ったように契約を取り続け、毎週20件は契約を取って居ました。

すると今度はいろんなところから表彰されるようになり、激アツ上司の態度は180度代わり、自分の指導が正しかった、と私を引き合いに出し他の部下を詰め始めました。私は結局その後2年間ずっとトップの成績だったので可愛がられることになりました。

結果的に昇格年次が早まりぬるま湯の地方に赴任

気がつくと成績は全国でも上の方になって居ました。あらぶは短期昇格コースになり、ちょうど地方で空きが出て居たポストにはまると、ここでも「数字が止まったらやられる」という強迫観念からガンガン実績を伸ばしました。

同時に地方では勤務時間が非常に短く、以前であれば毎朝7時に出社し深夜2時に帰って居たところ、夜7時には業務が終えられる地方勤務が転機になりました。

「またいつかこの会社にいたら都心勤務に変わり激アツな上司にやられる」
この時間のあるタイミングで副収入を作っておかないと次は逃げられない。

そう思いたち、会社に持ち込める小型なpcを購入し、転売副業の商材を買いあさりながらBuyma転売をはじめました。

この頃はebayや海外amazon、現地ブランドサイトで購入したものをbuymaで出品したり、主に輸入の副業をしていました。

会社ではほぼ常時購入希望者からのレスに対して返信をうち、夜になると在庫を車に山積みにして近所のヤマトに向かいました。年商は300万程度は立ち、100万くらいは利益が出た割と成功したパターンでした。

その後次第に仕入れ資金がきつくなる

在庫商売はやはり資金力がないと拡大ができなく、拡大すればするほどキャッシュフローが悪くなりました。

基本的にあらぶは「今を買う」スタンスだったので蓄えは完全に0、カード与信枠全力仕入れでした。

そして、資金いっぱいに大量に買い付けを入れた直後に「中国独身の日による絶大な配送遅延が起きました」

独身の日に超巨額の売り上げが立つのはご存知かと思いますが、それにより日本への航空インフラがパンクしたため、在庫の到着まで3週間近くも時間がかかってしまうことになりました。

それにより、無在庫で注文後に仕入れをしていた商材は全てキャンセル扱いになり、自宅に大量の在庫を抱えることとなり、仕入れありきのビジネスに疑問を持つようになりました。

Sponsored Links

副業で模索している中出会ったアフィリエイト

ホリエモンの本を読んでいた時に儲かるビジネス4原則の提唱をされていました。

儲かるビジネスの4原則とは
  • 小資本で始められる
  • 在庫がない
  • 利益率が高い
  • 定期収入がある

これに当てはまるのがアフィリエイトしかないな、と思いたち。またひたすら情報商材を買い漁りながら見よう見まねでワードプレスサイトを作っていきました。

毎日7時に仕事を終えて家に帰り、8時から夜中2時くらいまで夢中でサイトを作っていました。新しいことを始めるのが好きなあらぶは最初は頑張れるのです^^;

3ヶ月程度更新を続け、200記事程度のサイトが5個くらいできました。
ここでアフィリリンクを貼るのですが、発生もなく毎日アナリティクスをみてはアクセスが増えないので、次第に熱量が下がっていきました。

半年後に売り上げ5万円/月の発生に気づく

当時勤めていた日系生保の給与体系は凄まじく、この時点で年収は27にして700万程度ありました。

ちなみに勤め先の給与体系は以下のイメージです

22歳→年収300
23歳→年収400
25歳→年収500
27歳→年収700
29歳→年収900

それに加え、生保は家賃補助が凄まじく、都心部だと14万円程度までの家を借りても補助が11万は入るので実費負担は3万円を切っていた記憶があります。

半年ほど経ちアフィリエイトのことなどすっかり忘れてた頃です、毎月カードの支払いに困りいろんなアカウントに残額が残っていないかチェックしていた頃、アフィリエイト報酬が発生していることに気づきました。

毎月5万程度でしたが、サイトを作って半年たったくらいの時点から継続して発生していたのを見てすごい興奮した記憶があります。

その時今までと同じようなサイトを10倍作りまた半年たてば月収が50万になり、生活費を工面できるし、20倍作れば月収100万になるのではるかに上回れると思いました。

この恵まれた給与捨ててでもより多くを望むなら、それには圧倒的に儲からないと辞める意味がないと思い本気で取り組みました。

そこで1年後の退社を会社に伝え、自分に追い込みをかけることにしました。

タイムリミット1年と決まった独立準備

「1年後に会社をやめる」そう言ってしまった瞬間のアフィリエイト報酬は先ほどの月収5万円です。

ここから1年間の動き次第で自分の生き死にがかかるかなりのプレッシャーでした。

今まで給与水準が高い会社にいたはずでしたが、余計なブランド物や高価な温泉旅行など散々お金を浪費してきたので貯蓄は全くありませんでした。

キャッシュフローだけでなんとか生活を回していたのでこれが回らなくなった瞬間死亡確定です。

まずは大手企業に10年勤続したという背景をマネタイズすることにし、一棟物の不動産を求めて都心で行われる不動産セミナーに片っ端から出席しました。

与信が悪い上、高属性に当てるゴミ物件ばかり紹介される

当時勤め先は地方都市で、独立後の拠点は東京に帰ってきたかったため地方と都心を往復しながらセミナーを聞きに行く生活でした。

現住所が地方ということもあり、不動産においても全国型の金融機関スルガを案内され、全くキャッシュが出ずに24室中/18部屋が埋まっていてCFトントンのような厳しめの提案ばかりでした。

大手在籍はあと1年しかないためすぐに1億くらいの物件を取得したいというニーズだったのでカモ的にいろんなクソ物件を紹介されました。

普通の属性のサラリーマンであれば通せないような、負債金額のわりにCFが全く回らないような取得する意味のない物件があらぶの勤務先であれば通せるため、売れ残りのゴミ物件ばかり紹介されました。

結局自己資金がほぼ完全にない上、オーバーローンで組んだとしてもCFスレスレな物件はリスキーすぎるという結論で不動産取得は見送ることにしました。

知り合った不動産屋の悪知恵で資金調達

そうこうしているうちに知り合った怪しい不動産屋からカードローンを同時に申し込めば3社までなら通ると教えてもらいました。

その日のうちに申し込んだ3社はSBI・プロミス・新生レイクでしたが、無事に審査がおり、450,450,300万のキャッシング枠を作ることができました。

預金が何もないためCFが止まった瞬間にはこの枠を使って生活することを考えました。今思うとなかなかやばい独立準備ですね^^;

アフィリ報酬は月10万円くらいにはなっていましたが、圧倒的に足りないのでこんどはこの資金を使ってサイト売買でアフィリエイトサイトを購入することにしました。

借入金利は5.5%~10%だったため、売り上げ×10ヶ月分くらいの相場のサイトを買えばCFがプラスにできると思ったためです。

資金ができていたため、ガンガン買って行きました。

逆に成功しているサイトを分析することができ、一挙両得との考え方から結局700万円ほどWEBサイトを購入して運用することにしました。

かなりこれにより知識が一気に増え、アフィリエイトは稼げるんだろうか?からいきなり毎月50万収入のある中堅アフィリエイターの数値感覚が手に入ることになりました。

しっかり毎月報酬が手元に入ってくるとかなり具体性を持ってサイト作りに取り組めます。この月収50万はその後最長のもので1年程度は継続したため、おおよその回収と生活資金になってくれました。

サイト売買で得られたこと

・特単引き継ぎのサイト譲渡案件から見たこともない単価を引き継げた
・全く知らなかったようなクローズドASPとの付き合いができた
・自サイトはレベル3くらいだが買ってきたサイトにアナリティクスを差すことによってレベル20の画面を見ることができた
・毎月のCFを一気に50万まで増やすことができた

無事独立後買ったサイトが半年から1年で飛んで行く☆

1年が経ち、無事無職生活がスタートしました。

この時点では自分が作ったサイト→月15万、買ってきたサイト→月50万で、最初の半年の課題は「自分がちゃんと生活できるレベルの収益サイトを作った経験がない」「カードローンで買ったサイトの回収力を上げること」でした。

ひたすらアナリティクスを見ながらサイトをいじくりまわして行きました。

購入したサイトはペラもあり小型・中型・大型と満遍なく買っていましたが、ペラにブラックSEOを施したものはかなり早い段階から収益が出なくなって行きました。

ある時、35サイトまとめてサーバーごとバルクで買ったアカウントを見ていると

「ペラなのにかなりイケそうなキーワードで上位表示が続いているサイトを発見」

金融系と親和性のあるサイトで、同時期に取得した超高単価特単を持っている別のサイトにアクセスを流せるんじゃないか?と思いやって見たところ、いきなり報酬が100万を超え、コンバージョン率を改善するために記事テキストを変えたり配色を変えたり改善して行くと、次月から200万を超えて安定しだしました。

サイトMAの負債はこの2サイトを組み合わせることでその後2年で累計3500万は回収をし、初年度の生活費とこれから始めるリスティングの広告軍資金になりました。

同時にリスティング運用を開始

サイトのCV導線がわかり始めた段階で、売り上げ利益を即効性を持って出して行くためにはリスティングは避けて通れないと考えました。

CV導線を作り込んだサイトにいろんな角度のキーワードからアクセスを流すことで売り上げが面白いように増えて行く状態は面白くて仕方がなかったです。

この時は、「寝ようと思ってもアイデアの思いつきが止まらなくなって常時寝不足でした」

リスティング売り上げも順調に増え、独立1年後の段階では売上は月1000万を超えていました。

毎月売上利益が2倍になっているのに報酬の支払いサイクルが遅いために手元のキャッシュは常にギリギリで「本当に黒字倒産が怖い」「なんで売り上げも利益も倍倍で増やしているのに金が無くなるのか」国の吸い上げの仕組みが見えてきたような気がしました。

資金繰りスレスレな上に慰謝料問題

さらに同じタイミングで別居5年が経過した年であったため、離婚調停を進行させていました。

以前激アツ上司にやられて毎晩帰宅が夜中になりメンヘラ化していた私の元から出て行き、散々妨害工作を続けられていた因縁の妻との離婚が決定しました。

運転資金がない上にここで400万円の慰謝料支払い請求が重なりました。

ここでもカードローンのお世話になり、金額的な負債はさらに増えましたが、

ようやく長年の全てのしがらみから解き放たれたため、ひたすらリスティングで回収まくることだけを考えて日々作業を繰り返して行きます。

そんな中超好条件を出してくれるASPとの出会いがありました。

報酬2日後支払いの特別条件により資金繰り改善!

売り上げが急激に大きくなり、資金難に陥っていたあらぶをまさに絶好のタイミングですくい上げてもらいました。

今では割と普通になっていますが、確定したアフィリエイト報酬を担保にその会社が立て替えて先払いしてくれるため、これにより2日分の運転資金さえあれば心置きなく広告を回すことができます。

月の売上はピークで4000万を超え、キャッシュフローもよくなりものすごい勢いで口座残高が増えて行きました。

ここで一気に稼ぐことができたので、その後のポリシー変更や各SEO変動で売り上げが不安定になっても目先にとらわれることなく余裕を持った生活ができるようになったわけです。

それから2年、現在のあらぶの生活はだいたいこんな感じ

今の生活としては私は今の会社の収益はすでに勝手に回り続けている広告アカウントによって、特に何もすることがなく(週一で集計程度はしますが)

基本的にアフィリエイトにも飽きてしまったのでこれ以上当面する予定もありません。

昨年出資して二つ会社を作りましたが、こちらにおいても基本的には配当をもらう株主スタンスで、立ち上げの際はかなり忙しく常にそればっかりやっていましたが、ある程度代表が仕事に慣れた段階でほとんど任せっきりになるので

「遊撃手」的なポジションでルーティーンワークを持たないようにしています

空いた時間で何をしているかというと、今までリスティング広告で数億円はカード決済したため、溜まった莫大なマイルを使い毎月1回はいろんな国に旅行にいくようにしています。

その中で現地と日本との価格差や、習慣の違いから新しいビジネスヒントを学べるよういろんな所にアンテナを立てて見て回るようにしています

2019年のフライト

【海外】
キューバ/ロシア/イタリア/ドイツ/ドバイ/ポルトガル/モロッコ/スペイン/タイ×6
【国内】
奄美大島/石垣島/八丈島/沖縄×5
合計年間52フライト

航空ステータス

スターアライアンス→上級会員
ワンワールド→上級会員
スカイチーム→上級会員

先月までの保有マイルはカードポイント分含め113万マイルありますので、まだまだ知見を広めるために海外に行こうと思います

Sponsored Links

悠々リタイヤかと思われたが散財の結果まだまだお仕事が必要

こういうとかなり資金を持った本当のリタイヤ組かと思われますが、昨年から少しずつ運用に回している全ポジションを合計した時に、

だいたい8500万くらいで運用をしている計算になりますので、まだまだセミリタイヤと行った所です。

会社を初めて3年程度で利益でリーマン生涯ほどは稼いだのを過去の決算書見ながら振り返ったのですが、結果手残りがなぜ8500万ほどしかないというと

昨年キャバクラで4500万ほど使ってしまっていました><

なんということでしょう

納税分・返済を差し引いたら本来は1.5億弱はあったはずで、それを元手にほぼギリギリリタイヤレベルに入れたところを、、やってしまいました><

当時は1日5回はタクシーに乗る(タクシーないと家から出られない)というアホな生活をしていました。500m以上の距離はコンビニ行くのもタクシー乗ってました。

このブログは

・過去と同じ過ちを繰り返さないために、定期的に資産状況を振り返る機会を強制的に作る
・完全にGoogle、Facebook依存のアフィリエイトではなくツイッターやインスタなどのSNSを絡めたリアルビジネスに近いマーケティングをしたい
・自分アピールが苦手なため、情報を発信することによって同じ考えをもつ新しい仲間とつながりを持ちたい。
・日々積み上がっていくルーティーンワークにしたい

という目的もあり、今回新たに作ることにしました。

次に一撃当てた時にこそ真の自由を手に入れる!!ということで自分の中での第二創業期のつもりで頑張りたいですが、ゆるくブログは更新していけたらと思っています!

現在のあらぶの資産運用状況→

Sponsored Links
あらぶ
よろしければクリックお願いします🥺
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ