TOKYU(東急)ルートを使いこなしマイル錬金せよ!【完全攻略】

こんにちは!しょうです

今回はポイントサイト利用で欠かすことのできない「TOKYUルート」について解説していきたいと思います。

マイルを貯める陸マイラーのサイトを見ていると、必ずTOKYUルートというワードが出てきます。

慣れてない方など「???」となるかとは思いますが、TOKYUルートを利用することによってポイントサイトで稼いだポイント達を効率よくマイルに交換できるのです。

ちなみに以前は「ソラチカルート」なるものが主流でしたが、ポイントシステムの改定によりこちらは利用できなくなっていますので現状はTOKYUルート一本となります。

TOKYUルートとは何か?

TOKYUルートとはポイントサイトで得たポイントを、まずドットマネーに交換し、その後TOKYUポイントに交換、最終的にANAマイルに交換する交換経路のことをこういう風に呼んでいます!

例えばハピタスのポイ活で10,000ポイント貯まったとすると

ポイント交換毎に交換率がある
  1. ハピタス10,000ポイント(100%)
  2. ドットマネー10,000ポイント(100%)
  3. TOKYUポイント10,000ポイント(100%)
  4. ANAマイル7,500マイル(75%)

ポイントをトータルで3回交換することによって最終的に75%でマイルに変えることができます^^

なんでこんなまどろっこしいことをするのかというとポイントは変えていく経路で交換率が変わるからです!

ポイントサイトから直接ANAマイルに交換すると損します

実は多くのポイントサイトはしっかりANAと提携できているので直接ANAマイルに交換することも可能です!

定期的に交換増量キャンペーンなども行われていますが、基本的には直接交換してしまうとかなり損を出してしまうため、しっかりとTOKYUルートを経由させたいところです。

【新着】モッピーでマイルを貯めてANA/JALマイルに移行しよう

2020.04.11

ハピタスのドッと20%増量キャンペーンでANAマイルが90%で交換可能に!

2020.03.31

ポイントサイト→ドットマネーから先のTOKYUポイントを通過するためにTOKYUルートの要である「ANA TOKYUカード」が必要になってきます

TOKYUルートでポイントを変えるための準備

TOKYUルートに必要なもの
  • ANA TOKYUカード
  • ドットマネーアカウント
  • ポイントサイトアカウント

この中でANATOKYUカードが唯一年会費が発生しますが、

年一回カードを利用することで826円に年会費を抑えることができ、継続として毎年1,000マイルのボーナスをもらえるため全く損することはありません^^

ANA東急カード入会キャンペーンと特典・ポイントシステム【2021年4月】

2020.04.09

TOKYUルートでANAマイル交換に至るまでの所用日数

今回のように複数のポイントシステムを通過させてポイント交換をするのにはそれぞれ交換に必要な日数がシステム毎に異なるためきちんと把握して旅行の予約に間に合わせたいところですね!

ポイントサイトからドットマネーは「即日から3日間程度」

ドットマネーからTOKYUポイントは「15日から30日程度」

TOKYUポイントからANAマイルへは「7日間程度」

これらの所要時間が発生します!

旅行の予約を2ヶ月前に行いたいのであれば、トータルで見て3ヶ月前にはポイントをマイルに交換しておくのがベストです!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です