ANA特約店ならマイルが2倍貯まる!ANAカードプラスを攻略しよう

こんにちは!トラベル投資家2.0🌍のしょう(@travel7life)です。

本日はANAのマイルをより効率よく貯めるためのANA特約店について紹介したいと思います☺️

基本的にJALよりもANAの方がカード全般での移行ルートも多く、マイラーさんもANA派の方がかなり多くいらっしゃると思いますので是非参考にしていただけたらと思います✈️

ANAマイルが抜群に早く貯まる「ANA特約店」とは?

ANAカードのマイル還元率は通常カード0.5%から始まり、ワイドゴールド1.0%、プラチナで1.5%になります。リボなどでの加算マイルのお仕上げもありますが航空券決済時以外の日常使用ではこちらがベースのマイル還元率です。

ANAカード種類マイル還元率
通常カード0.5%
ワイドゴールド1.0%
プラチナカード1.5%

ANA特約店とも言える「ANAカードプラス加盟店」にてANAカードを決済することにより、この通常のマイル還元率に加算して追加でマイルをいただけるありがたい店舗があるわけです😎

クレジットカードでの通常マイルに加え、100円=1マイル加算されますのでベース還元率+1.0%になりますのでこれらの加盟店を利用される場合は必ず「ANAカードで決済」を心がけましょう!

マイル積算対象になるクレカはこれ!

ANAマイルプラスでマイルの加算対象になるANAカードは基本的に「ANAカード全般」になります。種類は多いですが一般カードでも法人カードでもANAカードならOKなのでしっかり使っていきましょう☺

マイル積算対象のANAカード
  • ANAカード一般
  • ANAワイドゴールドカード
  • ANAゴールドカード
  • ANAカードプレミアム
  • ANAカード(法人用)

ごく一部のカードにおいてはマイル積算時に諸注意がありますのでご確認ください!

  • ANAカード(法人用)は、ワイドゴールドカード、ANAダイナースコーポレートカードのみすべての店舗がマイル積算対象になります。一般・ワイドカードは、ANA@deskにて予約・購入・発券いただいた航空券のみ対象になります。
  • 沖縄アウトレットモールあしびなーは、ANA JCB ZEROでのご利用分のみ対象になります。
  • 日本国外で発行するANAカードは、CTBC ANA JCB Platinumカード、CTBC ANA JCB Preciousカード、CTBC ANA JCB Eternityカードを除き対象外となります。
  • ANAカードプレミアムで、ANA航空券や機内販売、ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」をご利用いただくと、通常100円(税込み)につき1マイルのところ、2マイルが積算されます。(CTBC ANA JCB Eternityカードのみ、通常通り100円につき1マイルとなります)

要注意!QuickPayやApplePayは一部対象外になる可能性

こちらは特約店ならではの注意点で、JAL特約店においても「ApplePayやQuickPayに注意!」と書かせていただいておりますが、ANAでも同様です。

キャッシュレス推進していておかしな話ですが、モバイルではなくプラスチックの物理カードで決済しないと取り漏らしてしまう可能性がありますのでプラカード決済でいきましょう😂

カードが増えて仕方がないのでキャッシュレス&カードレスに早くしてもらいたいものです😅

ちなみにANA公式にはIDやQuickPayで決済した際にも加算対象になる店舗が記載されています。

ID利用でANAカードマイルプラス対象になる加盟店

ENEOSセブンイレブン
紳士服コナカ紳士服のフタタ
スーツセレクトDIFFERENCE
FUTATA THE FLAG西鉄ホテルズ
大和自動車交通東京無線タクシー

QuickPayでANAカードマイルプラス対象になる加盟店

ENEOSセブンイレブン
紳士服コナカスーツセレクト
DIFFERENCE東京無線タクシー

エネオスやセブンでは安心してモバイル決済ができますね!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの「QUICPay(クイックペイ)™」、ANAアメリカン・エキスプレス・カードおよびANAダイナースカードを決済カードとして指定したApple Payでのお支払いはANAカードマイルプラス対象外です。

大変残念でありますがANAアメックス・ANAダイナースホルダーの方はこの部分は注意した方がいいですね、とにかくプラカードで決済する分には問題ありませんのでデフォルトでプラカードを持ち歩きましょう😅

ANAカードプラス対象店舗一覧!

【航空券・機内販売】
ANAグループ100円→1マイル
ANA国内線国際線機内販売100円→1マイル
【百貨店】
大丸松坂屋200円→1マイル〜
高島屋200円→1マイル〜
【ガソリンスタンド】
出光興産200円→1マイル
ENEOS100円→1マイル
【タクシー・駐車場】
グリーンキャブ100円→1マイル
三井のリパーク200円→1マイル
【コンビニドラッグストア】
セブンイレブン200円→1マイル
マツモトキヨシ100円または200円→1マイル

ANAカードプラスは加盟店ごとに加算マイルの条件が若干違ってきますので、よく使うお店をピックアップして条件をよく見ておきましょう汗!

例えば同じガソリンスタンドでも出光とENEOSでは加算レートが変わってきますのでマイルを貯めたいのであればENEOS一択になります。

ANAカード特約店でマイルを貯めるまとめ

いかがでしたでしょうか?

特約店ごとの細かさやカードのモバイル決済等条件はいくつかありますが、自分の日常の行動範囲を改めて見直してみて、コンビニやガソリンスタンドなどを決めた上でANAカードを使い続ければ同じ決済金額でも飛躍的にマイルをとることができるので是非やってみてください☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です