【楽天SPU攻略】保険は対象にならないものがあるから要注意!

Sponsored Links

こんにちは!しょう(@travel7life)と申します^^

僕は現在陸マイラーとして爆発的にマイルを貯めて、無料でフライトを楽しんでおります。

昨年2019年は海外19ヵ国を含む合計51フライトを行い、ANAJALどちらも上級会員を取得しました^^

今年は大半がコロナで国外に出れないため国内中心ですが、海外2ヵ国を含む沖縄12往復、大阪・福岡・札幌・帯広・鹿児島1往復で36フライトの予定です🤗

楽天SPU倍率獲得を狙う際の保険の入り方について自分でも「あれっ?」となったのでその部分と注意点をこの記事にてシェアしてみたいと思います。

早速ですが、SPUの対象になる保険は

SPU対象の保険
  • 楽天生命保険→SPU対象○
  • 楽天損害保険→SPU対象○
  • 楽天ペット保険→SPU対象○
  • 楽天カード超かんたん保険→SPU対象○
  • 楽天超かんたん保険→SPU対象外×

早速ここでまず「おやおや?」という感じになります。

Sponsored Links

「楽天カード」超かんたん保険と「楽天」超かんたん保険の違い

https://www.rakuten-card.co.jp/service/rakuten-card-insurance/
https://www.rakuten.co.jp/r-hoken/

名称が本当にややこしい、、

楽天カードから入る「超かんたん保険」のほうがSPU対象になりますので、入り口を間違えるとなかなかSPU攻略の正解にたどり着けません。

対象外の楽天超かんたん保険のラインナップ
対象となる「楽天カード」超かんたん保険のラインナップ

ラインナップもほぼ同じ商品をそれぞれのサービスから販売している状況なので、まずはここでつまずかないように「注意」です!しょうは4度見くらいしてしまいました汗

続いて支払い方法などの注意点です。

最安でSPU獲得を目指すなら月額200円のもの保険がおすすめ!

最安でのSPU攻略で行くのであれば月々200円の持ち物プランがおすすめです。

月額200円=年間コスト2,400円で毎月1倍の獲得が可能なので

年額24万の楽天での決済=毎月2万円は何かしら楽天で買う

という方であればすぐ回収可能な金額です!

例えば「年収500万/既婚/子供さん2人」の家庭であっても毎年54,000円はふるさと納税をする必要があるので、これを楽天決済に含めると毎月1万円楽天で買い物する人であれば十分に取り返せます^^

Sponsored Links

SPU対象にするためには月払いでカード引き去りにて契約を!

年払いや一括払いでもSPUの対象にすることはできますが、支払った一回分の月しか倍率カウントがもらえません。

そのため、毎月SPU倍率をもらうためには「月払いでの契約」が必須になります。

  • 必ず月払いにて契約を
  • 楽天カードにて支払いにする

そういった意味合い的にも月払い設定があり、かつ格安なもの保険がSPU攻略には適しています。

倍率の反映は支払い翌月から+1倍になる

倍率の反映は支払い翌月のお買い物分からSPUの倍率画面に反映されます。

保険ごとに引き去りのタイミングが変わるかと思いますが、

もの保険の場合、ちょうど今年の2月にmaster→JCB切り替えに伴って入り直したので引き去りのタイミングを見てみると、

2/1申し込み→2/29保険料支払い→3月分SPU倍率反映

というイメージでした!

是非SPU攻略に役立ててみてはいかがでしょう^^

Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺
Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です