【ANA上級の効果を実体験】座席が勝手にいい席に

Sponsored Links

こんにちはしょう(@travel7life)です

上級会員になると様々な特典がありますが、その一つとしてアップグレードまではいかないが「空きがあれば良い配置に変更になる」ということがあります。

利用者の少ない路線だと「うっかりいい席になった♪」

というケースもあるので、これは地味にありがたいものです。

実際に八丈島へフライトした時にそういったことが起きたので記事にしたいと思います^^

Sponsored Links

ANA八丈島路線

ANA八丈島路線は基本的に1日3本で、渡航人数が少ないために小型機でのフライトになります。

フライト時間も1時間になっていますが、「離陸してベルトサインが消える頃には下降に入るという」ことで実質上空にいるのは30分くらいなのではないでしょうか笑

利用者人数が少なく、特に上級会員がこの路線を利用するケースはかなり少ないと思われるので、期待しながら向かいました。

主要路線のジャンボ機なら非常口前席数は多いものの

787などの大型の機材であれば、その分非常席前座席数は多いものの

沖縄や、伊丹、福岡などの主要路線では上級会員数自体が多いため、鉄壁のダイヤモンド会員陣に総取りされてなかなか非常席前を取ることが難しいです。

Sponsored Links

搭乗機材はボーイング737-700(73P)

しょうが搭乗したのはボーイング737という比較的小型な機材でした、座席もパンパンというわけではなく比較的ゆったりでしたが、

この機材は通常の機と比べ、「非常席前にハマって快適♪」になるケースが少なそうだな、と思っていましたが、

うっかり「ハマっちゃって快適♪」でした笑

これはどういう状況だ?と言いますと

この部分!

相当な激レアポイントにハマりました

この写真を探していると、そういえば八丈島はヨーロッパ旅行の帰りにぶつけた弾丸コースでウィーンにいた次の日に八丈島にいたようです笑

行きは長時間フライトの疲れで爆睡、島ではひたすらテキーラを飲まされて意識がない状況での帰りフライトでしたが、

ドイツ→ウィーン→成田→羽田→八丈島の地獄ルート

足が伸ばせるというのはかなりのアドバンテージで快適フライトだった記憶があります^^

ANA上級は生涯コスパを考えると圧倒的に取ったほうがいいと思うので、検討されている方は是非トライを^^

Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺
Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です