マスターカード最上級World Eliteが持てる!ダイナースプレミアム

Sponsored Links

こんにちはしょう(@travel7life)です。

2019年7月23日より、ダイナースカードは新サービスとしてコンパニオンカードの無料付帯をはじめました。

今までダイナースカードはJCB加盟店決済ができるようになったため、日本国内であればほぼ問題なく決済できておりましたが、

やはり海外に行くと圧倒的にVISA、MASTERの割合が多いため決済できないことも多く不便でした。

そんなカード会員の悩みを解決すべくマスターブランドのコンパニオンカードが付帯利用可能になったことは嬉しい限りです^^

Sponsored Links

マスターカードWorld Eliteとは?

World Eliteとはマスターカードの最上級の「ブラックランク」のグレードカードです。

マスターカードのグレード
  1. スタンダード
  2. ゴールド
  3. チタン
  4. プラチナ
  5. ワールド
  6. ワールドエリート

マスターカード内のグレードは上記のような位置付けになっており、ワールドエリートカードはマスタブランドの最上級カードになります。

現在国内でワールドエリートを提供しているのはLuxury Card(年会費100,000円)とダイナースの三井住友トラストのみです

ダイナースプレミアムホルダーはこのカードが実質無料で付帯してくるため、そのコスパは半端ではありません^^

1本分の年会費で3枚の黒いカードを持つことのできるダイナース

ダイナースプレミアムは基本年会費143,000円に+2200円でビジネスアカウントカードとマスターワールドエリートを持つことができるので、財布の中が黒いカードでいっぱいにすることができます。

後述しますが、実用性も兼ね備えているため、

今まで「ダイナースは海外弱いから、、」などという方でも安心して利用ができます。

Sponsored Links

ダイナース提携マスターカードのポイントやサービスシステム

ダイナース提携ワールドエリートカード
  • ポイント:100円1ポイント
  • ポイントはダイナースリワードプログラムに合算
  • 請求支払いも合算して1本に
  • ラウンジ・キー(LoungeKey™)付帯で世界1,000個所以上のラウンジに無料で入室可能
  • Boingo Wi-Fi:日本を含む世界100ヵ国100万ヵ所以上のホットスポットでインターネットへの接続が可能
  • 国際線登場時荷物配送サービス:JALABC提携3個まで可能

これだけの特典が付帯しているので、メインのダイナースとワールドリエートの組み合わせは使い勝手としてはほぼ最高です。

コンパニオンカードのデメリット

一方でデメリットとしてあげるならば、

  • コンパニオンカードを使うことによってカードポイント還元率が下がる:通常1.5%→1.0%
  • ポイントがダイナースリワードプログラムに合算されるため、年間ANAマイル移行上限は4万マイルまでと変わらない
  • 請求書も合算されるため、海外決済がみずらくなる

これらの点があるかと思います。

特にしょうは完全にワールドエリートは海外決済専用に分けているのですが、通常のプレミアカード明細に合算されてしまうので、旅費だけを拾うのがやや大変と感じました(ビジネスアカウントカードは別明細)

海外どこでもビシバシ決済可能のマスターカード

AED:ドバイディルハム、MAD:モロッコディルハムでも問題なく決済

海外で通常のダイナースカードを出した時に

「、、、、う〜ん?」

みたいな反応もなく、どこでも利用ができるマスターカードなのでその辺は安心。決済エラーも出ることも少なくしっかり使うことができるので、

当面このダイナースセットをメインで使っていこうと思います^^

Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺
Sponsored Links
“しょう”
賢くマイルを溜めたい方へ!マイルが自然に貯まるコツが詰まったしょうの日常をツイートしてます!フォローしてもらえると嬉しいです🥺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です